太陽の光でセロトニンを増やす

最初に性行為のときに”バシ”と決めていれば、わたしはedや早漏の悩みはなかったのかもしれない。
現在は、治療薬のシルディグラを服用し、悩みを改善しているのですが、長期間にわたり、服用を続けていると、どうしても依存性が高くなるといわれています。

薬の場合は、どうしても依存性があるとは言われていますが、特に脳に関連する場合には注意しなくてはいけません。早漏の効果があるダポキセチンは、セロトニンを増やすために、興奮を抑え射精時間を延滞するため、服用前と比較し、30倍以上も射精時間が遅くなります。これはウレシイような効果ですが、ダポキセチンの副作用に依存性が起こると言われているために、長期間の服用には注意しなくてはいけない。

そこで、薬とは違うやり方でも、早漏の改善を考えておかなくてはいけませんね。
よくインターネットなどで調べてみると、一人によるオナニーの回数が多いことで、射精のコントロールのバランスが崩れてしまい、早漏になってしまうという話を聞きます。

たしかにわからないわけではありませんが、一番は脳内部の射精神経と脳のセロトニンが密接に関わるそうです。そのために、セロトニンの量を増やすことが重要と言われています。

たとえば、太陽の光を浴びるなど、積極的に外に出ることです。
太陽の光は晴天で100000ルクスの光を放射し、この影響で、脳のメラトニンの分泌が大量に増えると言われています。この栄養分をセロトニンが吸収することで、量を増やし、興奮を抑えるために、射精の延滞につながるとされています。
ただ、あいまいなところがあり、どれくらい太陽の光を浴びれば、どれくらいのセロトニンが触れるのかなど、道なところもあります。
シルディが裏を服用しつつも、副作用の少ないやり方を、自分なりに色々と試すのも良いと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする