タバコやニコチンが体を害す

もしタバコを吸っている人がいたら、量を減らすか、禁煙を心がけることを勧めます。
それは、健康のことを考えた時に、必要なことになるからです。

たしかに、昔と違い、今ではタバコを吸う人が減っているために、吸うことで「カッコイイ」というイメージを取り付けることはできると思います。

ただ、メリットが少ない、少なすぎると思う。

あるデータがまとめた、去年2014年のデータによると、日本人男性の喫煙者の数が30%になっています。
ピーク時は、男性の80~90%の人がタバコを吸っていたのですが、今では半分以下。
なおかつ、私が気になっているのが、喫煙者の中でed患者の喫煙率は80%を占めるというデータです。それほど、体に大きな影響を与えるということです。

たしかに、タバコの影響でedの悩みが起こっていても、バイアグラやシルディグラを服用すれば、簡単に改善することはできます。

しかし、他の体内の臓器はドウでしょうか
タバコにはニコチン、ヒ素、カドミウム、トルエン、ダイオキシン、一酸化炭素など、4000種類を超える化学物質が含まれていて、そのほとんどが有害物質であります。

つまり、体に悪い、大きな病気の危険因子ということです。

そのうち数十種類が発ガン物質。もしかしたらタバコを吸っている人はご存知ではないでしょうか?わかっているけど吸っている、吸い続けてしまう、タバコの怖いところです。

これらの有害物質は活性酸素を大発生させ、それらに対処するために、体内のビタミンやミネラル、酵素が大量に消費させる。

それらに対処するために、体内のビタミンやミネラル、酵素が大量に消費されます。ニコチンは血管の収縮と血圧の上昇をみたらし、一酸化窒素は、酸素を押しのけてヘモグロビンと結合し、細胞や組織を酸欠状態にします。

悪玉コレステロールや中性脂肪が増えて、動脈硬化の原因にもなるなど、喫煙は様々な病気を引き起こし、がんの発生率は数倍から数十倍にもなるといわれています。

更にタバコは精子の受精能力を低下させ、遜色対以上の引き金になって生まれてくる赤ちゃんまで影響を及ぼすとも言われている。これはかなり怖い影響なんですね。

たばこを辞めない理由として、禁煙によるストレスを上げる人がいるから、煙草の害はそれと比べるものにならないほど深刻。男性機能の向上のためにいくら食事に気をつけても、タバコを吸っていれば全てが台無しです。

お金もかかる、体の外にもなる・・・。
たしかに、喫煙から禁煙の世界に入り込むことは難しいとは思いますが、先々の事を考えるととても重要な事になるのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする