微量ならアルコールはed改善になる。飲み過ぎは肝

ストレスを解消させるために、お酒を飲むことは悪いことではないと思います。
とくに、お酒にはアルコールが含まれているために、適量なら性欲を高めて、edを改善する効果もあると言われています。

それどころか、あるていどのからだの疲れや、精神的な疲れもアルコールのちからで、開放的な気分で総会にしてくれます。
”ムンムン”

しかし、心がけなくてはいけないのが、根本的な部分である疲れや精神的な部分を関税するわけではありませんね。良いで、脳を麻痺するという感じです。

現に、コンビニやドラックストアーで販売しているドリンク剤にも微量ですがアルコールが含まれています。

酒に含まれるアルコールには不思議な力があり、体内に吸収することで、大脳の働きが程よく抑えられ、快楽をもたらす神経伝達物質のドーパミンが脳内に分泌されるからなんですね。

そのために、適量の量なら問題はありません。しかし、飲み過ぎると、脳の働きが低下するので、ダメージが強くなり、依存症になりやすくなる。

飲み過ぎは危険になるために、量のさじ加減は自分次第ということになります。

微量のアルコールや性欲向上、勃起不全に対して期待することができますが、飲み過ぎることで、性的な興奮をも押さえられなくなり、勃起しなかったり、中折れしたりという自体が起こってしまいます。
アルコールに対する目的はなんであれ、お酒の力を借りるのは少しだけとどめておくことが、性欲や健康のためにも肝になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする