テストステロンを維持するために睡眠時間を維持

人間なら誰しも睡眠をとることは必要不可欠です。
1日に6~7時間の睡眠をとることで、疲れを癒やすことで、活力を高めることができます。そのために、睡眠というのは、私たちが人生を歩んでいく中で、あたり前のようにで、とても必要不可欠な作業です。

睡眠は、布団に横になり、頭と体を休ませるだけですが、体内では、脳や臓器の点検補修を行い、細かな免疫力の主役であるリンパ球を作るなど、生命を維持、生成のためにさまざまな活動が行われています。

その中の一つとして、男性機能にとりわけ関わりが深いのが体内の酵素「男性ホルモン」のエストロゲンの増量です。
男性ホルモンにも「アンドロゲン」「テストステロン」「アンドロステロン」など種類は色々有ります。しかし、男性ホルモンの9割をしめいているのがテストステロンで、性欲の向上やペニスの勃起から射精に至るまでの役割を果たしてくれています。

この男として必要不可欠な男性ホルモンを生成しているのも、実は睡眠時と言われている多面い、どれだけ眠る時間を大切にする家が重要になります。

逆に、眠る時間を咲いて、テレビやパソコン、スマフォに夢中になると、テストステロンの量が減少し、性欲にまつわる活動が低下します。

すると、勃起不全の低下や、射精料の減少に大きくつながるために、十分に注意。
日本人の平日の平均睡眠時間は7時間14分と言われているので、基本を忠実にまもり、睡眠時間を維持することが重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする