過剰なストレスがedの要因に

deの原因も一つではなく、さまざまなことが要因でペニスに力がなくなり、男らしさをパートナーにアピールすることができなくなり、セックスを楽しめなくなります。

直接的な原因でedが最も多いのが性行為の失敗の経験。
これは私も同じで、初めての性行為で大きな失敗をしたことがコンプレックスとなり、次に踏み出せない。いや、性行為のチャンスはあれど、どうしても、最初の性行為で、ミスをしたためにどうしても思い出してしまい、本領を発揮することができなくなり、ペニスに力がなくなり、勃起を維持できなくなる・・・・。
性行為を本当に楽しめないし、相手に対しても失礼になる・・・。
性行為に対して不安になる。自信を失い、その結果として、ed機能を満足に働けなくなります。

それから、ストレスが原因になることもedが関係します。

誰しもストレスはあると思いますが、過剰に溜めすぎるのはいけませんよね?
自分の思うとおりに進めない、それが人生の楽しみでもあるとは思いますが、あまり考え込みすぎることで、過剰なストレスが溜まってしまいます。

たとえば、ストレスの一例として、妻とのトラブル、子どもの教育や飛行の問題、親の病気や介護、経済的な事情などが上げられます。人間関係、業績不振、ストレスになる要因は様々です。

更に相手のことを気にしすぎるのもマイナスな要因になる。性行為の歳、自分お会館を追求するだけでなく、相手を気持ちよくさせてあげようと考えることは重要。ただ、パートナーが快感を得ているのかドウか、オーガズムに達したのかドウかということが気になったedになることも・・・

少し意識しすぎるかもしれませんが、あまり意識し過ぎると、性行為に対して全く興味がなくなる。まずは、自分自身が性行為に対して興味を持ち、不安やストレスを溜めないことが大切になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする